2010年08月24日

秋の アニマル系新ドラマ

ほんまに ここ数日何も記事が無い Bad

valとアヘアヘしながら ただ暑さに耐えています あせあせ(飛び散る汗)


母ちゃんは、あまりの暑さ続きで ご飯系よりつい麺類系になり
valは暑さなんぞ なんのその、カリカリ数粒残すもののホボ完食


dr. of animals  24AUG.2010.jpg


“動物のお医者さん” 
と言うコミック 本 を  
大人買いしたかったけど
とてもやないけど、来月は母ちゃんは おこずかい無し もうやだ〜(悲しい顔)


ほんまに悲しいなぁ思ってたら、エエのん発見   ぴかぴか(新しい)ひらめきぴかぴか(新しい)

そうそう 今日はこんなんでも お知らせしときましょか


ディリースポーツ様より無断拝借 Bad しました 
すんません、ほんまにすんません 顔(え〜ん)


俳優の小栗旬(27)が、
10月スタートのTBS・MBS系の連続ドラマ「獣医ドリトル」
(日曜、後9・00)に主演し
“獣医版ブラック・ジャック”を演じることが23日、分かった。

同名コミック原作の新ドラマには、ヒロイン・井上真央(23)から
プロデューサー、演出家、監督まで、
小栗の出世作となったドラマ「花より男子」のスタッフ、キャストが集結。

ドラマ「ごくせん」以来の共演となる
ライバル獣医役の成宮寛貴(27)とともに、今度は“ドリトルブーム”を
巻き起こす。   

ドラマシリーズ2作で20%前後の平均視聴率を獲得し、映画化もされた
“花男”の制作陣が、
今度は“獣医版ブラック・ジャック”を手がけることになった。

 
小栗が演じる鳥取こと通称・ドリトルは、金にも飼い主にも厳しいことから
恐れられるが、実は誰よりも命の大切さを知る敏腕獣医。
飼い主の知識不足や不注意で苦しむ動物たちを救うだけでなく
飼い主の心の闇をも治療する。

 「花男」の主要キャストだった小栗にほれ込み、
再び一緒にドラマを作りたいとオファーを出し続けていた
TBSの瀬戸口克陽プロデューサーは「(悪徳獣医役は)
今までと違う魅力を引き出したいと思い、かつ、すごくハマると思った」と
起用理由を説明。

同様に、第1話の依頼人でもあるヒロインには「『花男』以来の
ハマリ役になる!!」と確信する井上をキャスティングした。

ドラマの小栗は、犬、イルカ、サル…とさまざまな動物を治療する
天才医だけに、8月下旬から動物ごとに分かれている専門医に
弟子入り。

オペ見学やメスさばきを学び、9月上旬のクランクインに向け、
役作りに集中する。

“チーム花男”との再タッグに小栗は「以前にもご一緒したチームの
みなさんからまたやりたいとお話をいただき、とても感謝しております。
われわれも1つの動物だということを視聴者のみなさんと
考えていけるような作品をお届けしていきたい」と意気込んでいる。


ニックネーム JUNKO at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ANIMALS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: 絵文字[必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/2279873
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック